令和5年度いわて水産アカデミー第5期研修生募集のお知らせ

募集人数

10名

応募資格

  • 令和5年4月1日時点で50歳以下であり、次のいずれかに該当する方。
    • 研修の修了後、岩手県内に定住して漁業就業する方。
    • 岩手県内で漁業就業している方のうち 、漁業の知識や技術を習得し、漁業経営の安定・拡大を図る意思のある方

選考方法

応募書類に基づき、事務局が応募者と面談を行い、入講の可否を総合的に判断します。面談の日時・場所等は、応募書類を受理した後、事務局が応募者と連絡調整します。また、面談では、職歴や家族構成、健康状態(疾病歴)等をお聞きしますので、予めご了承ください。

応募手続

募集期間

令和4年7月1日(金) から 令和5年2月28日(火) まで(当日消印有効)

※定員に達した場合は、期間内に募集を締め切ることがあります。

申込書類

  • 申込書(様式第1号)
  • 履歴書(様式第2号) ※写真(応募前3ケ月以内に撮影した正面上半身脱帽、縦4cm×横3cm サイズ)を貼り付けてください。
  • 誓約書 (様式第3号)
  • 親権者の同意書 様式第4号(未成年の場合)

※受理した応募書類は返却しませんので、予めご了承ください。

申込先

期日までに、申込書類の一式について、次の宛先に郵送又は持参してください。

〒020-0023 岩手県盛岡市内丸16-1 
岩手県水産会館5階 いわて水産アカデミー運営協議会事務局

研修期間

1年間(令和4年4月から令和5年3月まで)

受講料

118,800 円(入講時に一括納付)
※研修時の宿泊所(合宿施設)は設けておりません。
※研修期間中の生活費(住居費、食費、水道光熱費等)や作業用衣類(作業服、合羽、長靴等)は自己負担となります。

研修概要

 集合研修

  • 会場:岩手県水産技術センター(岩手県釜石市大字平田3-75-3)
  • 日程
    • 令和5年4月下旬、5月下旬、7月下旬、9月下旬、11月下旬、令和6年1月下旬、2月下旬(ワカメ養殖の繁忙期を考慮した日程で実施します)
    • 土日祝祭日を除く連続4日間開催(平日の10時~17時を基本とし、一部の実習や現場見学等は深夜・早朝から実施します)
  • 内容
    • 集合研修Ⅰ(4月期、5月期)
      座学講習や演習、現場見学・体験等により、漁業に関する基本的な知識や技術を習得します
    • 集合研修Ⅱ(7月期、9月期、11月期、1月期、2月期)
      座学講習や演習、現場実習等により、応用的な知識や技術を習得します
      漁業就業に必要な資格を取得します(二級小型船舶操縦士免許、第二級海上特殊無線技士免許)

 実践研修(令和5年4月~令和6年3月)

  • 場所:漁業就業を希望する市町村(事前に希望を確認のうえ、研修先を調整します)
  • 日程:90時間/月程度(研修を行う漁業の繁忙期、閑散期等の状況を考慮します)
  • 内容:漁業就業を希望する市町村に居住し、指導漁業者の下で、実際の漁業現場(海上・陸上)において漁労技術を習得します

※新型コロナウイルス感染症対策等により、研修日程等を変更する場合があります。
※居住地から通学する研修生には、アカデミーが交通費を支給します。
※遠距離等の事情により、通学が困難と認められる研修生には、アカデミーが宿泊費を実費負担します(上限額あり)。

支援制度

次世代人材投資(準備型)資金
年齢制限や漁業経験の有無等の一定の要件を満たす場合は、研修期間中、国から配分を受けた予算の範囲内で、就業準備資金の給付を受けることができます。受給要件等の詳細については、お問合せください。

問い合わせ先

いわて水産アカデミー運営協議会事務局(岩手県漁業担い手育成基金:髙橋)
TEL:019-626-3063(平日の午前9時から午後5時まで受付)
FAX:019-626-3063(24時間受付)
いわて漁業担い手ポータル https://if-ninaite.or.jp/

岩手県農林水産部水産振興課(担い手チーム:藤村・岸)
TEL:019-629-5806(平日の午前8時30分から午後5時15分まで受付)
FAX:019-629-5824(24時間受付)
Email:AF0013@pref.iwate.jp(24時間受付)

応募資料

おすすめ